尼崎市武庫之荘 ほんだ整骨院の日々笑進ブログ

身体、心、ちょっとマクロビなどの情報で、皆さまが明日を笑顔で迎えられるお手伝いをできればと考えております!
Posted by ほんだ整骨院

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ほんだ整骨院   0 comments   0 trackback

うがい薬が一番効果的?

みなさまこんにちは!
日々笑進しておりますほんだです。

みなさまが日ごろ良いと思ってやっている
健康法予防法が、最近では間違っているものがある
ということをご存じですか?

たとえば今の季節では、
予防の「うがい」の方法は
「うがい薬が一番効果的?」


この季節になると、あるCMがながれることもあり、
疑うことなく、当たり前のように
うがい薬が一番よく効く!

わたしも最近までそう思っておりました…

しかし、最近のお医者さんのご意見でも
「水のほうが好ましい」そうです。

その理由として「必要な細菌も減らしてしまう」
結果として菌やウィルスなどに感染しやすい状態になる
というのが最近の医学の見方なのです。

塩水は殺菌効果はあるのですが、ウィルスまでは死にません。
そして予防としての「うがい」は、
水、塩水、消毒液どれも差がないという
実験データがあるそうです


たしかに…そう言われてみると、

たとえば、切り傷や擦り傷などのケガの際に
消毒液は、治るのに必要なもの(血小板や浸出液)まで
ダメージを与えてしまうのです。

ケガの際は水でしっかり流して、乾燥させないように
フィルムのようなテープでキズを覆うのが良いとされています。

最近の応急処置は、このように変わったと聞いて
ケガの際には実践していたけど
「うがい」に関しても当てはまるとは
わたしも、勉強になりました


あくまで今日お話しした「うがい」は予防のためのことですので、
現在、歯医者さんやお医者さんの指示で治療中の方は
お医者さんの指導に従ってくださいね。





Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hondasikt.blog.fc2.com/tb.php/7-0811aa3f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。