尼崎市武庫之荘 ほんだ整骨院の日々笑進ブログ

身体、心、ちょっとマクロビなどの情報で、皆さまが明日を笑顔で迎えられるお手伝いをできればと考えております!
Posted by ほんだ整骨院

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ほんだ整骨院   0 comments   0 trackback

低線量被曝 生活への影響は ③

みなさまこんには!
日々笑進しておりますほんだです

先日、読売新聞の朝刊に「低線量被曝・生活への影響」
という特集が掲載されていました。
当院の患者さまの中にも、「記事の内容を知りたい」
という方が多くおられました。
わたしなりに、まとめた内容を順次、のせていこうと考えております。
少しでもみなさまの情報になれば、と思います。↓

今回は
「子供を守れ」
「シーベルトとベクレル」について

乳児や胎児は特に放射線の影響を受けやすい。
成人に比べ、体細胞の分裂が盛んなことが一因だ。
国際放射線防護委員会(ICRP)は、胎児のリスクは、
集団全体より2~3倍高まるとしている。

広島、長崎の被爆者の調査では20歳までに被曝した人は、
線量に応じて甲状腺がんになる確率が増えたが、
40歳以上で被曝した人では、発症確率は極めて低かった。

被曝医療に詳しい東京大の名誉教授は
「高齢になるほど、他のがんになる確率が高まるので、
放射線による甲状腺がんのリスクは問題にならないくらいに小さくなる。
性別や人種、体質によって、放射線の感受性には、大きな差は見られていない」
としている。

チェルノブイリ原発事故で、世界保健機構(WHO)などが信頼できる情報として
公式に認めている健康影響は、小児の甲状腺がんだけだ。
事故の数年後にベラシールで増加の報告があり、その後ウクライナでも確認された。
甲状腺にたまりやすい放射性ヨウ素で牛乳が汚染され、
これを子供たちが飲んだためと見られている。
これまでに6000人が手術を受け、15人が死亡した。

チェルノブイリでは、事故後しばらくの間、食品の摂取制限が徹底されていなかったが、
福島第一原発事故では、事故の8日後から出荷自粛や摂取制限が行われた。

政府の低線量被ばくワーキンググループも、被曝対策は子供優先と提言。
避難区域で学校を再開する際、毎時1マイクロシーベルトを上回らないよう
徹底的に除染するよう求めている。


シーベルトとベクレルを確認しておきましょう
「シーベルト」は人が放射線を浴びた時、体への影響をはかる単位
「ベクレル」は放射性物質が放射線を出す能力の強さを表す単位。

放射性を電球に例えると、
40㍗、100㍗と表現される電球そのものの明るさが「ベクレル」
その電球で照らされた場所の明るさが「シーベルト」に相当する。

1ベクレルは1秒間に放射性物質の原子を1個が崩壊する場合の放射線を放出する能力。
シーベルトの前に付くマイクロは100万分の1を示す。1000マイクロシーベルトは1ミリシーベルトになる。

光の強さが同じだとしても、白熱灯と蛍光灯とでは、人が感じる光の明るさが違う。
同じように、放射性物質の種類によって、人体への影響も異なるため、
一定の計算式に基づき、ベクレルを共通の物差しとなるシーベルトに換算している。

という内容でした。

お子さんがいらっしゃるご家庭は、無視できない内容です。
被曝から子供たちを守るため、もっと国や自治体が
正しい情報を発信してしく必要があると考えます。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hondasikt.blog.fc2.com/tb.php/34-c8d2907d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。