尼崎市武庫之荘 ほんだ整骨院の日々笑進ブログ

身体、心、ちょっとマクロビなどの情報で、皆さまが明日を笑顔で迎えられるお手伝いをできればと考えております!
Posted by ほんだ整骨院

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ほんだ整骨院   0 comments   0 trackback

体調管理に気をつけましょう!

みなさまこんにちは!
日々笑進しておりますほんだです

とても暑い日が続いていますね~
テレビの天気予報でも晴れマークの太陽が、
普通の晴れでなく猛暑のマークになっていますね
それを見るだけで、夏バテしそうです

オリンピックを深夜に応援もいいのですが、
やはりご自身の体調管理をしっかり気をつけましょう


当院でも最近、急性である腰の痛みを訴える方や、
身体が重い、足が重く、むくみやすい、など
不調を訴える方が増えております。

原因は人によって様々ですが、その多くは
・冷房で身体が冷える、さらに汗をかかないようにするための運動不足
・冷たい物や、甘い物を摂りすぎによる胃や腸の不調。
・暑い中での就寝による睡眠不足
 または、冷房で身体が冷えた状態での就寝により身体が重い。。

おそらくみなさまも一つはあてはまるのでは?

わたくしはこれらの症状がある方には、
お腹を押さえさせていただきます。
すると多くの人が「みぞおち」と「おへそ」の中間ぐらいを押すと、
「うっっ」といって痛がるか、嫌がります。

これは胃のポイントになりますので、
胃や腸の働きが弱っている方です

そのような方には、自律神経調整法をおすすめしております。
調整させていただいた後は、もう一度お腹を押さえます。
するとさっき押さえた時の痛みより、やわらいでいると感じる方が多くおられます

・腰などの筋肉が硬いときには、内臓の筋肉も硬い
・からだの調子が悪いときは、内臓の調子も悪い

このことを理解してもらい、、
先ほどのような生活習慣や食べ物の改善を指導させていただいております

普段何気なく過ごしがちですが、ちょっと知るだけで
身体の不調が改善していき、楽しく夏を過ごすことができます
もうすぐお盆休みもありますし、
せっかくのお休みのは元気に遊びに行きましょう


スポンサーサイト
Posted by ほんだ整骨院   0 comments   0 trackback

祝!禁煙1周年

みなさまこんにちは!
日々笑進しておりますほんだです

しごとのイメージで「先生もタバコ吸うてたんや」と、
思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。
そーなんですよ、去年までタバコにお世話になっておりました

一日に20~30本ぐらい吸ってましたね~。
もちろん、お酒の席ではさらに増えてしまいます

特にやめるきっかけもなかったこともあり、
パカパカと吸っておりました。

しかし、一昨年前に行われた値上げは、
流石にタバコ好きでも、お財布具合がきつくなった人は
多かったのではないでしょうか

一箱400円以上しますもんね。
牛丼一杯300円を下回る時代に、これはきついですよね~。

そろそろやめ時かな~と思っている頃に、
妻の友人にオススメされた禁煙グッツがございます。
それが「離煙パイプ」だったのです.
興味がある方はクリック
http://item.rakuten.co.jp/mckey/718582_1/

こんなもんでやめれんのかいな~??
と、かなりの半信半疑でとりあえず始めることにしました。

妻も、やめられんでも減らせたらええんちゃう!ぐらいの乗りで、
プレッシャーもなく応援してくれました

パイプをつけて普段どおりタバコを吸いながら、
離煙していくという方法です。

でもこれが、はじめはいいのですが
結構めんどくさいんですよね~

最後の最後まで疑っていたのですが、
なぜか、急に吸わなくても大丈夫になったのです。

そして
去年の3月上旬からキッパリ?とやめることができました。

タバコをやめますと、無駄な時間が減りました
禁煙席にも座れますし、喫煙所を探したり、
タバコの自動販売機を探したりせずにすみます。
ゴミも少なくなり、部屋がきれいですね

冬でもスターバックスコーヒーに入れますよ

禁煙すると「太る」といわれますが、
わたくし的には「うそ」です。

禁煙すると「料理がおいしくなる」といわれますが、
わたくし的には、「ほんと」です。

禁煙しようか迷われている方は、
一緒にがんばりましょう!!





Posted by ほんだ整骨院   0 comments   0 trackback

最強のデトックススープ

みなさまこんにちは!
日々笑進しておりますほんだです

今日はおすすめのスープの紹介です。
以前、ブログで
当院でも販売をおこなっているサプリメント
「野菜力で輝け」の開発者である
医学博士 堀田医院院長 堀田忠弘先生
と載せさせていただいた
堀田先生の「最強デトックススープ」です

身体は、なんでも知っている―なぜ体調が悪いのか?どうすれば治るのか?身体は、なんでも知っている―なぜ体調が悪いのか?どうすれば治るのか?
(2007/04/16)
堀田 忠弘

商品詳細を見る

にも、作り方が書かれています。

堀田式野菜スープ
現代人の健康を蝕む三大悪ともいうべき、有害金属、化学物質、寄生虫・ウイルスを排泄するのに効果的なスープです。どこにでもある野菜で簡単に作れ、味も良いです。

〈レシピ〉
① ゴボウ40g 生姜20g タマネギの皮2分の1個分
② 長いも60g マイタケ一握りの半分
③ レンコン100g パセリ一握り分
④ ニンジン90g 自然塩小さじ2分の1
⑤ ゴマ油

〈作り方〉
タマネギの皮とパセリは酢水に浸けてから使用します。そのほかの野菜の皮を剥いて適当な大きさに切っておきます。鍋に水約2リットルを入れてから沸騰させたら、野菜そのほかを順番どおりに入れていきます。

① の野菜(3種類)を入れ、3分待つ
② の野菜(2種類)を入れ、1分待つ
③ の野菜を入れ、1分待つ
④ のニンジンと自然塩を入れ、五十分間トロ火で煮る

火を止めた後、飲む前にほんの少しだけゴマ油を入れる
コップ半分から一杯程度を1日に2~3回に分けて、食前または食間に飲みましょう。残った具は、タマネギの皮だけ捨てて、ほかの料理に利用したり、ミキサーにかけて飲んだりして下さい。

 材料の野菜は有機栽培で無農薬のものが理想ですが、こだわるよりも続けることが大切です。一般のスーパーでそろえた野菜で作ってもきわめて効果的です。

 最初、有害金属や化学物質を排泄させる目的でこのスープを開発したのですが、そのあと寄生虫とヘルペスウィルスを駆除する目的で、野菜を追加しました。そうして、現代人の健康を蝕む三大悪ともいうべき、有害金属・化学物質、寄生虫、ウィルスを排泄するのに効果的な堀田式野菜スープができあがったのです。

 ありふれた食材を使ったこのスープの効果を確かめながら、私は、「自然とはじつに偉大なものだ」とつくづく教えられたのでした。私たちは自然がつくった素材をもとに、生活に便利なものから化学薬品まで、さまざまなものを作ります。ところが、それによって健康が損なわれたとき、癒してくれるのは自然の素材がいちばんだ、ということに気づかされたのです。

「身体は、なんでも知っている」堀田忠弘先生より

味はやさしいしょうがスープ
飲む前に入れるゴマ油がいい仕事してくれます

スープ

我が家は野菜もそのままいただいてます。


今もっとも感心がある放射性物質の解毒ですが、
解毒という目的に特化したスープを
サプリメントにしたのが
当院で販売をおこなっている
野菜力で輝け」であります。

「野菜力で輝け」については
こちらをご覧ください
http://www.aichidenshi.jp/



Posted by ほんだ整骨院   0 comments   0 trackback

竹皮草履(ぞうり)

みなさまこんにちは!
日々笑進しておりますほんだです

わたくしが仕事で使用している履物を紹介します
いぜん仕事中は、スリッパや靴を使っていたのですが、
いつも疲れや違和感を感じていました

しかし!この竹皮ぞうりに変えてから、
悩みスッキリ解消されました 
素晴らしい

その竹皮ぞうりがコチラ↓

111222_092037.jpg

最近ではどこの靴屋さんでも、お目にかかれない代物です
患者さまにも笑っていただいています
しかし、比較的お歳を召された患者さまには
「いいの履いてるね~」と褒めていただけます

もちろん竹皮ぞうりにする理由があるんですね~

その理由の一つに
足の指を上手く使えるようにする」という目的があります。
とくにわたくしは、親指は重要視しております

親指に意識できるようになりますと、
足の前にあるスネの筋肉(伸筋)と、ふくらはぎの筋肉(屈筋)との
バランスが良くなり、カラダの重心点が変わります

人の重心点は、お臍の下2~3cm付近にあると言われています。
つまり、「丹田」
ここにしっかり意識ができるようになります。

この「丹田」は、ヨガをされている方や
柔道などの武道をされている方は、よくご存じだと思います。
そして、その方たちの歩行はとても安定して、カラダの軸がぶれないのです。
自分も日々、丹田を意識できるよう竹皮ぞうりを履いております


もうひとつ竹皮ぞうりを履く理由としまして
日本人の足が靴を履く文化に慣れていない」ということです

われわれ日本人の足は「甲高、幅広」の形といわれますよね。
もともと靴を履くという文化はなく、ぞうりや下駄での生活でした

靴は欧米人の文化であり、
す~と履いてきた足先は縦に長く、足の甲も低くなったと考えられます。
みなさんは外国製の靴を履くと、サイズは同じでもきつく感じたことはないでしょうか?

そして身体に合わない靴やヒール、サンダルで足が痛いという経験があると思います
  
日本人が靴を履き始めて、まだ100年ほどしか経っていません。
ですからまだ日本人の足は、靴の文化へ進化の途中かもしれません

身体に合わないものをやめる、
     合うものを取り入れる。


外反母趾などの足の悩みがある方は、
普段の生活に試されてはいかがでしょうか?


竹虎 虎班竹専門店 
http://www.taketora.co.jp/zouri/?grid=sMenu





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。