尼崎市武庫之荘 ほんだ整骨院の日々笑進ブログ

身体、心、ちょっとマクロビなどの情報で、皆さまが明日を笑顔で迎えられるお手伝いをできればと考えております!
Posted by ほんだ整骨院

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ほんだ整骨院   0 comments   0 trackback

風邪薬は、風邪を治すお薬??

みなさまこんにちは!
日々笑進しておりますほんだです

みなさんは、体調を崩してしまった時に、
「早めに風邪薬を飲んで治しておこう」っと思っていませんか?

結論からいいますと・・
「風邪薬をいくら飲んでも、風邪は治すことはできません

なぜなら、病院で処方されているお薬も市販薬も、
咳、鼻水、鼻づまり、発熱などの風邪の症状を緩和して、
身体を楽にするだけの対処療法薬に過ぎないのです。

総合感冒薬(そうごうかんぼうやく)と呼ばれるお薬も、
解熱鎮痛薬、鎮咳去痰剤(ちんがいきょたんざい)、抗ヒスタミン剤などを
バランスよく複合した医薬品であり、風邪を治すことはできません

風邪の90%以上は、ウイルス感染により発症します。
したがって、風邪を根本的に治すためには、
ウイルスを退治する薬が必要なのです

「タミフル」などの薬は、
インフルエンザウイルスを退治する抗ウイルス薬ですが、
あくまで抗インフルエンザウイルス薬であって、
通常の風邪には効果はありません


また、風邪の原因となるウイルスはおよそ200~300種類と
非常におおく、それぞれの大きさ、性質、増殖部位が異なることから
「すべてのウイルスに効果のある薬」の開発は困難です。

したがって、ウイルス退治は体の免疫機能に委ねるしかありません。
風邪の治療に、休養と栄養補給が必要なのは、
この免疫機能を十分に働かせるためなのです。

ところが、抗生物質で風邪が治ると誤解されている方も少なくありません。
「抗生物質は細菌を殺すのだから、ウイルスにも効果があるはずだ」
と信じ込んでいるようです。

細菌とウイルスは全く別のものです。
細菌の大きさはウイルスの何十~何百倍もあり、
なかには肉眼で見えるものもありますが、
ウイルスは電子顕微鏡を使わないと見えません。

また、細菌は自分自身が分裂して増殖できるのに対し、
ウイルスは他の生物に寄生して、その生物の力を借りて増殖します。

ですから、抗生物質がいくら細菌退治に効果があっても、
風邪に効果はほとんどありません。抗生物質は万能薬ではないし、
過剰に使用すると、細菌に耐性ができて、抗生物質の効かない
細菌が蔓延してしまうことがあることも覚えておいてください。


参考文献 最新医学常識99 池谷敏郎より


ここ10年で、これだけ変わった! 最新医学常識99 (祥伝社黄金文庫)ここ10年で、これだけ変わった! 最新医学常識99 (祥伝社黄金文庫)
(2011/03/11)
池谷 敏郎

商品詳細を見る


なるほど~ですね
わたくしもよく耳にします。

「風邪をひくといつも長引くのよね~
「しっかり薬飲んでるのに、全然効かないのよ~」
「処方箋で出していただいたのに、風邪が治らないの…」

そりゃ~そうですよね。
風邪を治していたのではなかったのですから。

やはりご自身の免疫力をあげていく必要があるのですね。

ちなみに免疫機能を調節しているのは、「自律神経」です。
生活を見直し、ご自身の体の声に耳を傾けてあげましょう



スポンサーサイト
Posted by ほんだ整骨院   1 comments   0 trackback

水を飲めば血液はサラサラになる?

みなさまこんにちは!
日々笑進しておりますほんだです

「血をサラサラにすんのに、どれくらい水を飲んだらええの?」

時どき、このような質問を受けることがあります。
ドロドロの血液」、「サラサラの血液」という言葉が
テレビで使われるようになってから、質問が増えたように感じますね~。

結論から申し上げますと…

答えは「NO」です!必要以上の水を飲んでもサラサラになりません。

検査の前に頑張って水をたくさん飲んでいたお父さん!
いくらがんばって飲んでも、サラサラ血液にはなりませんよ
ヒャ~残念

それどころか必要以上の水分を摂りすぎると
低ナトリウム血症と言いまして、
カラダの塩分濃度が下がってしまうこともあります

さらに水分調節を行っているのは、腎臓ですので
腎臓に大きく負担をかけてしまいます!


「サラサラ血液」にするには、
やはり普段からの、食習慣や運動習慣を含めた
生活全般を見直す必要があるんですね~。

血液をサラサラにしようと思って無理して
水分を摂っていた方は、見直しを考えていかがでしょうか?
なかには不定愁訴が改善された方もいますよ

これにもまた「個人の差」がありますし、あくまで一般のお話です。
糖尿病など持病のある方は、必ずかかりつけの
お医者さんに相談してくださいね
Posted by ほんだ整骨院   0 comments   0 trackback

体温37.0度は発熱?

みなさまこんにちは!
日々笑進しておりますほんだです

みなさんは体がだるいな~風邪かな?熱かな
と感じて体温計で体温を測った時に
何度でしたら熱があると思いますか?

多くの方が37.0度では「熱がある」として
何らかの対処をしているようです。
たとえば、「予防接種が受けられない」
       「プールに入れない…」
 と思われるお母さん方もいるかもしれません。

ですが、
お医者さんは37.5度以上を「発熱」と考えるそうなのです
また、39度以上を「高熱」とするようです


日本人の平均体温は36.89±0.34
これは、あくまで平均なので多少は
高い人もいれば、低い人もいるということです。

ですから37.0度は「発熱とは限らないのです


では一般の方は、なぜ37.0度を発熱と感じてしまうのでしょうか

明治時代に日本で初めて体温計が作られました。
見覚えのある「水銀」を使ったものです。
昔はお世話になりましたよね~

よく見ると体温計に37度になると数字がになっています
その当時の平均体温値を赤くして表していたのです

で平均値を印したために、発熱の基準と勘違いされ
そして体温計が普及することと同時に
37.0度が発熱と誤って認識され広まったと考えられるそうです

他にも諸説あるようですが。
文字の色に差がなければ、このようなことはなかったかもしれませんね~


でも100年ほど前の日本人の平均体温は37.0度だったんですね

ちなみに50年ほど前の日本人の平均体温は、36度後半だったそうです。
今では36度前後の人が多くなっていると言われ、
体温が低くなってきているようなのです。

このようなことから普段から体温を測定している人は、
平熱よりも1度以上高い場合には
「発熱と疑う」という先生も
いらっしゃいます。


やはり「個人の差」はありますので、
37度前後でも体調に合わせて対処してくださいね


また後日に「低体温が体に及ぼす影響について
お伝えしたいと思っております
Posted by ほんだ整骨院   0 comments   0 trackback

うがい薬が一番効果的?

みなさまこんにちは!
日々笑進しておりますほんだです。

みなさまが日ごろ良いと思ってやっている
健康法予防法が、最近では間違っているものがある
ということをご存じですか?

たとえば今の季節では、
予防の「うがい」の方法は
「うがい薬が一番効果的?」


この季節になると、あるCMがながれることもあり、
疑うことなく、当たり前のように
うがい薬が一番よく効く!

わたしも最近までそう思っておりました…

しかし、最近のお医者さんのご意見でも
「水のほうが好ましい」そうです。

その理由として「必要な細菌も減らしてしまう」
結果として菌やウィルスなどに感染しやすい状態になる
というのが最近の医学の見方なのです。

塩水は殺菌効果はあるのですが、ウィルスまでは死にません。
そして予防としての「うがい」は、
水、塩水、消毒液どれも差がないという
実験データがあるそうです


たしかに…そう言われてみると、

たとえば、切り傷や擦り傷などのケガの際に
消毒液は、治るのに必要なもの(血小板や浸出液)まで
ダメージを与えてしまうのです。

ケガの際は水でしっかり流して、乾燥させないように
フィルムのようなテープでキズを覆うのが良いとされています。

最近の応急処置は、このように変わったと聞いて
ケガの際には実践していたけど
「うがい」に関しても当てはまるとは
わたしも、勉強になりました


あくまで今日お話しした「うがい」は予防のためのことですので、
現在、歯医者さんやお医者さんの指示で治療中の方は
お医者さんの指導に従ってくださいね。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。